食事の工夫をしてダイエット

カロリー摂取を減らしてダイエットをする時は、1カ月2㎏減量というペースが適切のようです。

リバウンドが起きにくいダイエットをするには、じれったいかもしれませんがこのくらいがちょうどいいのです。

まずは体内の脂肪の代謝を促進することです。

寝る直前や夜遅くの食事はしないこと、栄養バランスの整った食事をすることなどが大事です。

脳は朝昼の活動時間帯は交感神経が働いていますので、食事から摂取したエネルギーは代謝に使われます。

夜の胃腸の働きは日中より格段に良くなり、副交感神経の作用もあってエネルギーを脂肪として溜め込みます。

夜遅くの食事が太るのは、それだけカロリーを溜め込みやすい体になっているためです。

夕食は早めに軽く済ませ、夜中の空腹感は水の摂取でまぎらわせましょう。

朝ご飯はその日の活力として使われますので、夕食を軽めにして朝は多少ボリュームのある食事になるようにしましょう。

外食の頻度は控えめにします。外食は、脂肪、糖質を摂り過ぎる傾向があります。

和食のほか、西洋料理、中華などの外食産業が増加しています。

和食でも丼ものは野菜が少なく油脂分が多くなりがちですし、中華料理や欧米料理の外食は肉類を多く使うカロリーの高い食事になってしまいがちです。

外食をせざるをえない時もありますが、できるだけ和食の定食もので、週2回程度にしましょう。

果物に含まれている果糖や砂糖は、遅い時間に摂取すると特に脂肪になりやすく危険です。

デザートは夕食後には控えた方が無難です。

ダイエットを達成したい場合は、カロリーや食事内容に十分気を配りましょう。





ナンバーズクエスト3毎日1万円権利(2010年2月分+3月分)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック