ダイエットの停滞期とは

停滞期は、長期間のダイエットをしたことがあるという人の大半が実感しています。

停滞期のためにダイエットを挫折したという人は少なくありません。

問題なく減っていた体重がある時を境に減らなくなる、変わらず食事は減らしているし体も動かしているのに。

これが停滞期です。今まで通りせっせと体を動かし、食べたいものも我慢しているのにこれでは、嫌になってしまいます。

停滞期にダイエットを中断してしまっては、ダイエット前以上の体重になってしまうこともあります。

停滞期は必ず終わると信じて、悲観的にならずにこれまで通りのダイエットを続けることが大事です。

人の体が停滞期という状態に入るのは、ホメオスタシオスという性質のためです。

人の体は、環境が急激に変わっても血圧や体温、血糖値や体内の浸透圧が変わらないように維持する効果があります。

普段、人の体は摂取したカロリーの全てを体内に取り入れてはいません。

しかし食事量を急激に絞ると、わずかなカロリーをあまさず貯め込もうとします。

食事の摂取量に比して吸収されるカロリー効率は上がり、代謝は下がって消費カロリーが減ります。

体内の代謝が下がればカロリーは減りにくく、体重も減らなくなります。

停滞期は一過性のもので、運動や食事によるダイエットメニューをこなしていればまた、これまで通りに体重は減り始めます。








ネット所得2.0ワンクリックワンコイン~完全自動課金ツール~